寿司打から学ぶ『時間がない!』を一瞬で解決する方法

仕事

急ですが皆さん、いつも「時間がない」「もっと時間があれば何でもできるのに…」

と悩んでいませんか?

実は今回紹介する「時間の使い方」を実践することでおそらくほとんどの人が時間の

使い方が上手くなれるんですよ。

なぜなら、僕もこれを実践したことで「時間がない!」という感覚がなくなり、以前

よりもタスクは増えましたがプライベートの時間も十分に取れるようになりました。

なので今回は、正しい時間感覚についての大事なポイントを3つ紹介したいと思います。

読み終えたあなたはきっと、「時間がない!」という感覚に悩むことなく

ダイエットのための運動、副業の勉強、資格の勉強など

今よりも自分のやりたいことに時間が使えるようになるはずです。

目次

1 時間感覚を取り戻す前に
2 「時間がない!」という感覚の正体とは
3 【ゲームから学ぶ】寿司打をやると時間感覚がみるみる良くなる
4 時間感覚を取り戻す方法3選
5 まとめ 時間使い方次第で目標はグンと近づく

1 時間感覚を取り戻す前に

 

おそらく多くの方が左のように「時間がない!」という感覚に悩まされたことがあると思います。

 

「ダイエットするために運動したい!」なのに

時間がない。

「副業を始めるために本を読みたい!」なのに

時間がない。

 

ダイエットだけでなく、仕事など色々なところで「時間がない」という感覚になりますよね。

「もっと時間があったら」と思いますよね。

 

でも違うんです。 大体の方が本当は時間は足りているんです。

(余程、忙しい方には当てはまらないかもしれませんが。。。)

この「時間は足りている」というのを覚えて頂いた上で次に進みましょう!

 

2 「時間がない!」という感覚の正体とは

はい。ここでは「時間がない!」という感覚の正体をお話していきますね。

結論から言います。

 

感覚の正体は時間がない!という焦り』です。

 

「ん?」と思う方もきっといますよね。順を追って説明しますね。

時間が足りない原因は『パフォーマンスが下がっている』からです。

パフォーマンスが下がることで仕事やタスクが終わらなくなる。

ではそのパフォーマンスが下がる原因は何かと言いますと。

皆さんわかりますよね?

 

はい。『時間がない!という焦り』なんですよ。

つまり、まとめますと

『時間がない!という焦り』を感じる

⬇️

それによってパフォーマンスが落ちる

⬇️

結果本当に時間が足りなくなってしまう

こういった流れで時間が足りなくなってしまうんですよね。

つまり『焦りの感覚』の対策をすることでこれは解決するんですよ。

はい。なのでここまでで「自分はもう焦りなんて感じない!」という方は閉じて頂いて全然構いません。笑

ぜひ実践してみてください。

次からはより具体的に『焦りの感覚』がどうパフォーマンスを落とすのか。どうやってその感覚を対策して時間を取り戻すのか。そこを解説していきます。

 

3 【ゲームから学ぶ】寿司打をやると時間感覚がみるみる良くなる

早速ですが皆さん『寿司打』ってゲームは知ってますか?タイピングゲームなんですが僕は正直全く知りませんでした。。。 一応リンク貼っておきますね。http://typingx0.net/sushida/

話は変わりますが、実は会社で『タイピング天下一武道会』というものが開催されまして。

まあつまり『寿司打』で良い成績を出した人が勝ちってことです。結果はボロ負けでしたけども。

この『寿司打』をやっていて僕は気づいたんです。

『焦らずゆっくりやった方が正確。しかもスピードもそんなに変わらない。』

きっと少しずつわかってきましたよね?

『寿司打』でも同じように焦りの感覚がパフォーマンスを下げていたんです

おそらく余程タイピング速すぎるマンでもない限り、この『焦りの感覚』を取るだけで、寿司打の点数が上がると思います。ぜひお試しあれ。

少し話が逸れてしまいましたね。すみません許してください。

つまりここで言いたいのは、寿司打というゲームでもそうだったように、『焦りの感覚を取り除くだけでパフォーマンスが上がるよ。』ということです。

では最後にこの『時間がないという焦り』を対策し、正しい時間感覚を取り戻す方法をお話していきます。

 

4 時間感覚を取り戻す方法3選

ここからはより具体的な対策方法ですね。ここまで長かったと思うのでささっと進めていきます。

時間は十分に足りているという気持ちを持つ

焦りの感覚が良くないという話は散々してきましたよね。

なのでまずは『時間は十分に足りている』という気持ちを持つことで焦りを対策するということです。

 

ただここで一つ注意点があります。

時間は十分に足りているという気持ちは大切ですが、これと先延ばし癖は別問題です。

僕も先延ばし癖がモノによってはありますが、そこで『時間は十分にある!』と思ってしまうといつまで経ってもそれは終わらないですよね。

なので先延ばし癖に関してはまた今度解説することにします。

 

時間が足りない!と思ったらゆっくり深呼吸をする

人は焦ると呼吸が自然と浅くなってしまうものです。緊張している時も同じように呼吸は浅くなりますよね。

ただ呼吸は意識と無意識の間にあります。 気づいたら呼吸をするのを忘れていて倒れた。という人は多分いないと思います。

多分…いや、もしいたら怖いので先に謝っておきます。すみません。

 

話は戻って、深呼吸の効果は絶大です。これだけはぜひ実践して頂けたらと思います。

時間がない!と思ったり焦りを感じたら、深呼吸をする。これだけでパフォーマンスの低下はかなり抑えられます。

思い切り休む

これは集中力とも関わってくる話にはなります。

この『休む』というところに睡眠だったり体調を整えるとか色々入ってきます。そこも今度がっつり解説しますね。僕の大好きな分野なので。

今回はポモドーロテクニックを解説していきます。

結構有名ですし、確かHarvard Business Reviewにも載っていたと思います。日本で出ている本ですとこの辺が有名かな。

 

簡単にいうと25分集中→5分休憩を最大4回やるって方法です。詳しいことが知りたい方は是非本を読んでみてください。

 

ここで僕が伝えたいのは『この5分休憩にどれだけ休むか』が大事ですよーってことです。

結論から言いますと、スマホも触らず何もしないでください。寝転がってもいいです。

 

何が言いたいかというと思い切り休むとその分集中モードに入った時の集中力が格段に上がるよってことです。

 

それをしないとどうなるか。 休憩している時もなんとなく集中しているような状態で休めない。集中している時もなんとなく休憩しているような状態だから集中が切れやすい。

つまりオンとオフははっきりと分けましょうねってことです。

5 まとめ 時間使い方次第で目標はグンと近づく

少し長くなりましたが先ほど伝えた3つの対策方法。覚えましたか?

1 時間は十分に足りているという気持ちを持つ

2 時間が足りない!と思ったらゆっくり深呼吸をする

3 思い切り休む

この3つぜひ使ってみてくださいね。

『時間がない!』という気持ちはきっと誰もが感じたことがある感情だと思います。

僕自身も昔、体が細くガリガリでバカにされ、「筋トレして細マッチョになってやろう」と決意したこともありました。ただその時は時間がないと感じてしまい何度も挫折してきました。

以前働いていたダイエット治療院にも「運動したいけど、時間がない…」と悩む方がいました。本当になかなか解決しないものであり多くの人が悩んでいると思います。

ただ僕は「時間がない」という感覚から離れたことで、今では筋トレも習慣になり副業の勉強や彼女とのプライベートの時間も取れるようになりました。

是非これを読んだ方にも正しい時間感覚を取り戻して、目標にまた一歩近づいたらこれ程嬉しいことはないですね。

さいごに

寿司打をやっている中でこの記事を思いついたんですが、結構昔に読んでためになった本があるので載せておきますね。確かこの頃はまだ読書が苦手だったと思いますが意外にさらっと読めましたのでオススメですよ。

読んでも実践できていなかった自分にちょっとだけ反省。まだまだこれからですね。